2014年07月15日

4年吞川ウォーキング

4年生は、総合的な学習の時間の一環として、
住みよい町作りを考えてきました。

その中で、地域に流れる川「吞川」の現状を知るために、
吞川の会の方をゲストティーチャーにむかえて、
吞川ウォーキングに出かけました。
CIMG5019.JPG

P6260173.JPG
子供たちは、吞川にたくさんの生き物がいることを知りました。
中には、カワセミの姿を目撃する子も!
吞川を通りがかったときに飛んでいるユスリカ、川底に生えている緑の藻が、
豊かな生態系を作っていることを知りました。
CIMG5042.JPG
また、吞川の豊かな自然を守るため、水害から町を守るために、
様々な工夫がされていたり、そのために働いている人がいることを学びました。
CIMG5056.JPG
その一方で、下流にさしかかったところにゴミがたくさん捨てられていたり、
川がよごれ、濁っている様子を見て、「どうしてこんなに汚れているのだろう」と疑問の声がたくさん上がりました。
P6260181.JPG
住みよい町作りを考えていくために、とても大事な経験となりました。
posted by kugahara12 at 20:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。